• 048-948-1133 専用駐車場4台・駐輪場あり
  • 〒341-0044 埼玉県三郷市戸ヶ崎2丁目38-2

アレルギー科

アレルギー科で診療する
主な疾患

花粉症

アレルギー科画像

スギ花粉症は日本人の25%程度が悩んでいます。スギ花粉にアレルギーのある方は、ヒノキ花粉にアレルギーがある頻度が高い場合もございます、初夏はカモガヤ、秋はヨモギやブタクサなどです。またハウスダスト、ダニは一年中悩まされる鼻炎の一つです。掃除の後、鼻がつらくなる経験された方もおいででしょう。

検査・治療について

当院では、耳鼻咽喉科で鼻鏡、内視鏡により鼻腔を観察し、処置を行います。また点鼻薬や抗アレルギー薬、ヒスタミン薬が適応です。またアレルギー検査で3+以上のかたは舌下療法を是非お勧めいたします。代表的なスギ花粉症に関しては、スギのエキス(シダキュア)を舌下して、身体に免疫をつくっていく、舌下免疫療法の保険適応が長期処方も可能になりました。
春だけでなく、夏も秋も冬も、1年中、しかも3~5年の長期治療が必要になりますので、開始する前にご説明致します。完治率は20%程度ですが、80%程度の患者様は、花粉症の症状が楽になったとおっしゃいます。またダニアレルギーの方はダニのエキス(ミキテュア)が適応です。

蕁麻疹

皮膚の一部が突然赤く腫れ上がり、しばらくすると消えてなくなる症状で、血液中にヒスタミンという物質が作られて、血管内の水分が外に滲み出て皮膚が腫れ上がります。しかしながら60-70%は原因が特定できないといわれています。

症状について

食物(そば、エビなど)薬剤、植物や昆虫(ハチ毒)、機械性じんましん:物理的にひっかいたところにじんましんができる、温まると出てくる、日光にあたると出てくる、入浴、運動、緊張など汗をかく刺激で出る、ストレスに伴うものなどです。皮膚に赤い膨らみができる、症状の場所が数時間から半日後には移動し、消失します。喘息のような喘鳴や腹痛、下痢など皮膚以外の症状を伴うこともある。放っておいても1日以内に改善するのがじんましんの特徴です。

検査・治療について

当院では、血液検査を行いアレルギーのもとを同定します。アレルギーが原因であれば原因を避けることが重要です。また症状緩和のためかゆみ止めである抗ヒスタミン薬が有効です。塗り薬などの外用薬は基本的には効果がありません。
重症例では免疫抑制薬(飲み薬)やステロイド薬を内服します。神経伝達物質のヒスタミンはアレルギー反応を引き起こす体内物質のひとつ本剤はヒスタミンの働きを抑える作用(抗ヒスタミン作用)をあらわします。
抗ヒスタミン作用に加え、ほかの作用によってもアレルギー反応を抑える薬剤もある。ハチ毒などアナフィラキシーの要素のあるものはアナフィラキシー補助治療剤 - アドレナリン自己注射薬エピペン®注射液を用います。

食物アレルギー

食物アレルギーは、食物が原因物質となるアレルギー疾患です。蕁麻疹、発赤などの皮膚症状を中心に、さまざまな症状をきたします。
腹痛などの消化器症状、喘息のような呼吸器症状が出るケースもあります。もっともリスクが高いのは、血圧が急激に低下(ショック症状)するアナフィラキシーショックです。また喉頭浮腫による気道閉塞、窒息のリスクにもなり得ます。じんましんや紅斑、浮腫が一番多い症状ですが、咳・喘息発作、嘔吐・腹痛・下痢などが見られることもあります。症状は、食べた直後から1時間後、遅くとも4時間以内にみられます。

検査・治療について

当院では丁寧な問診(食べた食品や量、症状の様子、食べてから症状出現までの時間など)、 診察及び血液検査によるIgE抗体の測定などを行い、原因となる抗原を突き止めます。ただこれらの試験以上に重要なことは、症状が起きた時には早期に受診する必要があるがアレルギーの症状はさまざまです。特にアナフィラキシーを疑うような症状が出現した場合は、迅速に治療する必要があります。
症状が出現した場合には、速やかに抗ヒスタミン薬やステロイド注射、アナフィラキシー補助治療剤 - アドレナリン自己注射薬エピペン®注射液を用います。重度の場合は医療連携病院や大学病院に紹介いたします。

とがさきクリニック

048-948-1133 
専用駐車場4台・駐輪場あり

診療内容
内科、呼吸器内科、耳鼻咽喉科
医 師
野呂久公 野呂林太郎
住 所
〒341-0044 埼玉県三郷市戸ヶ崎2丁目38-2
最寄駅
神社前[三郷市戸ヶ崎](バス)徒歩1分
診療時間 日祝
9:00~12:00
(10:00~10:30
ワクチン接種)
(11:30~12:00
発熱外来)
15:00~18:00
(16:00~16:30
ワクチン接種)
(17:30~18:00
発熱外来)

休診日…木曜日、土曜日午後、日曜日、祝日

大変申し訳ございませんが、診察時間の都合上、発熱外来以外の患者様は午前は11:30まで、午後は17:30までにクリニックにお越しください。

3月より新型コロナワクチン予防接種は水曜日9:30~10:00 15:30~16:00となります。他の予防接種は電話予約にて随時行います。
新患の方は予約なしに随時拝見いたしますが、問診、検査の都合上午前は11時まで、午後は17時までに来院ください。
再診の方はなるべく待ち時間の都合上電話予約ください。

048-948-1133