• 048-948-1133 専用駐車場4台・駐輪場あり
  • 〒341-0044 埼玉県三郷市戸ヶ崎2丁目38-2

咳喘息・気管支喘息

咳喘息・気管支喘息について

長く続く咳、夜間の咳、咳喘息

咳喘息・気管支喘息画像

咳喘息は気管支喘息になる一歩手前の状態です。ずっと咳が続く、咳が出だすと止まらない、夜間の咳、明け方の咳、会話で咳、笑って咳、冷気で咳、エアコンで咳、熱い料理の湯気で咳など軽度の刺激でもせき込み、咳は激しく、肋骨を打撲したり、咳失禁(目の前が一瞬真っ暗に)、尿失禁することもあります。3割は気管支喘息に移行しますので、咳喘息のうちに治療することが重要なのです。

咳喘息の診断

当院では、咳喘息の診断のために、丁寧な問診、聴診の後、レントゲン検査で、肺がんや結核、肺炎などの怖い病気を否定させていただきます。その後、肺機能検査で肺活量や1秒量、肺年齢を測定、呼気中一酸化窒素濃度測定(FeNO)で気道の炎症状態を把握します。また、血液検査で、アレルギー検査をさせて頂くこともございます。
先行した感冒・気管支炎、最近ではコロナ感染の名残で、長く続く咳(感染後遷延性咳嗽)はよくみられますが、その他にも鑑別すべき疾患はたくさんあります。例えば、後鼻漏(上気道咳嗽症候群)、副鼻腔気管支症候群(気管支拡張症、副鼻腔炎)や鼻からくる咳(後鼻漏による刺激)、間質性肺炎、肺炎(マイコプラズマやクラミジア気管支炎・肺炎)、肺結核・非結核性抗酸菌症、肺がんなどあらゆる呼吸器疾患が挙げられます。また、心不全や心室性期外収縮などの循環器(心臓)疾患、胃食道逆流症などの消化器疾患、睡眠時無呼吸症候群、心因性咳嗽、女性では生理や更年期などホルモンバランスの崩れからくるものなど他科疾患、さらには服用している薬が原因疾患となることがあります。

治療・予防について

気管支拡張薬や吸入ステロイドにより咳が止まるのが特徴的所見で、通常の咳止めは効果がありません。治ると止めてしまう方もいらっしゃいますが、1~2ヶ月程度の治療ではなく、症状が無くなっても数ヶ月の治療継続が必要です。
予防として、マスク着用・手洗い・手指消毒による風邪の予防、適度な加湿をお勧めします。また、掃除機によりダニ・ハウスダスト・ペットの毛などの誘因をできる限り除去することが望ましいです。

気管支喘息について

気管支喘息はゼーゼー・ヒューヒューという喘鳴を感じる場合と咳が主な症状になる場合があります。咳が出だすと続く、話をすると咳き込む、走ると咳がでる、夜間ふとんにはいると咳が出る、アルコールを飲んだ後や刺激のある臭いを吸った後に咳が続くなどのお話から気道が過敏になっていると判断します。

検査・治療について

当院では、丁寧な聴診、胸部レントゲン、肺機能検査、呼気中一酸化窒素濃度測定(FeNO)、血液検査から気管支喘息と診断できます。症状の度合いによって重症度が区別されており、治療法が若干異なりますが、基本は外来で処方させていただき、自宅で毎日できる簡単な吸入薬(吸入ステロイド)が有効です。
現在は気管支拡張薬や吸入ステロイドの合剤が一般的です。吸入を毎日行っていただくことはきわめて重要ですので、吸入方法もご説明させていただきます。ステロイドと聞くと副作用が心配となる方もいらっしゃいますが、内服ではありませんので、糖尿病や骨粗鬆症、免疫低下などの全身性の副作用を心配する必要はありません。
患者様によっては、声が枯れるとおっしゃる方もいらっしゃいますが、吸入ステロイドの種類を変更することで、声枯れも改善することが多いと思います。また三か月から六か月ごとに症状が良くなったら減量致します。またなかなか症状のコントロールがつかない場合は喘息の原因因子のIgE、 IL-5、 IL-4といった分子標的に対する通称バイオと呼ばれる分子標的薬を使用します。
当院では上記すべてのバイオ製剤を外来で使用可能であり、患者個々の病態に応じて薬剤を選択します。デュピルマブは、医療従事者からの手技の指導のもと、患者が自宅などで自己注射することが承認されています。それ以外の薬剤は当科外来治療室にて医師・看護師が行います。

製剤の医療控除などについて

バイオ製剤はいずれも、1回の注射に伴う薬価が数万円から数十万円と極めて高額です。患者様の負担を減らす制度には、確定申告を行うと所得税の控除が受けられる医療費控除、医療機関や薬局の窓口で1カ月に支払った額が一定額を超えた場合、超えた額を加入している医療保険が支払う高額療養費制度、があります。これらの制度を活用すると、自己負担額を減らすことができます。一方で非常に呼吸が苦しい、ゼイゼイしてパルスオキシメーターで酸素飽和度(SPO2)が低下する場合は気管支拡張剤の吸入薬とステロイドの点滴を行います。

とがさきクリニック

048-948-1133 
専用駐車場4台・駐輪場あり

診療内容
内科、呼吸器内科、耳鼻咽喉科
医 師
野呂久公 野呂林太郎
住 所
〒341-0044 埼玉県三郷市戸ヶ崎2丁目38-2
最寄駅
神社前[三郷市戸ヶ崎](バス)徒歩1分
診療時間 日祝
9:00~12:00
(10:00~10:30
ワクチン接種)
(11:30~12:00
発熱外来)
15:00~18:00
(16:00~16:30
ワクチン接種)
(17:30~18:00
発熱外来)

休診日…木曜日、土曜日午後、日曜日、祝日

大変申し訳ございませんが、診察時間の都合上、発熱外来以外の患者様は午前は11:30まで、午後は17:30までにクリニックにお越しください。

3月より新型コロナワクチン予防接種は水曜日9:30~10:00 15:30~16:00となります。他の予防接種は電話予約にて随時行います。
新患の方は予約なしに随時拝見いたしますが、問診、検査の都合上午前は11時まで、午後は17時までに来院ください。
再診の方はなるべく待ち時間の都合上電話予約ください。

048-948-1133